chie*Relax

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小鳥の唄 | top | インド式ヘッドセラピー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

築地本願寺




バリアフリーダンスの あんのん∞でぃざいあ
に お友達が出るので観に行ってきました。
開演して1分も経たないうちに涙がぽろぽろ
流れてしまって私はかなりヤバイヒトでした。
目が見えない人、手足が不自由な子、
車椅子に乗っている人、とても小さい女の子、
白髪の人、プロのダンサー、 いろんな人たち
が、みんな一緒の同じステージで つながっていて
1つになっていて 美しくて。
そのあとも、ずっと終わるまでの約2時間
泣きっぱなしでした。ダンスを観て
こんなに泣くなんて生まれて初めてです。
そして 気づかされた事もありました。
カラダが不自由でも心が自由であれば
そのひとの人生は自由で幸せな人生。
五体満足でも 心が不自由であれば
そのひとは不自由な人生。心が不自由のほうが
いちばん辛くて不幸な事なのかも と思いました。
素晴らしい夜をありがとう!!

Life | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
Mari Yamauchi
2007.03.12 Mon 00:46
今日、来てくれてありがとうございました。
まず、見に来ようと思ってくれたことが嬉しいです。
そして、感じ取ってくれたこと、すごく嬉しいです。

体や知的に障害を持っていてもみんな感じる心はちゃ〜んともってて、一生懸命な気持ち、楽しいという気持ち、それがキラキラとなって外に放たれる。
多くの人に、「私もキラキラしたい!」っていう想いが生まれて、自分の気持ちに素直になって、これからの毎日がもっともっと楽しくして欲しいな〜と思ったのです。

あのステージに立った障害のある子たちは、もともと、すごく恵まれた子たちで、お母さんやおとうさんたちの愛情たっぷりの子で、そのおかげで、とっても素直に育ってる子たちだと思う。
バリアの有無に関わらず多くの人にあんな素敵な機会が訪れればいいなと思うよ。

なんだか、文章長くなって、まとまってませんが、気持ちは伝わったかと。
こんど、またどこかで会いましょ!!
丸アネ
2007.03.12 Mon 12:53
私もむかし障害者のかたのロックボーカルを聴いたことがあるけども、すごく心に響いたのを思い出しちゃった。

心が不自由…ほんとにそんな人がいっぱいいるね。
そういう人にも、障害者の方の頑張ってる姿、もっと身近にあれば、よいなぁと思います〜。
kumiko
2007.03.12 Mon 13:02
私も参加していたオレンジパンツをはいていた者です。
踊っている私達も幸せな時間を信じれる人と一緒で楽しかったです。

ライブを見て、自分を信じる気持ち。人を信じる事の素晴らしさがつたわれば嬉しいです。

あの時間は、宝物です。
chie
2007.03.13 Tue 22:47
>mariちゃん
こちらこそ心よりありがとう。
あんなステキなステージ、生まれて初めて観たの。
それで泣きすぎちゃったけどバレてたのねー、、
私たちの運命の場所 ”絵のあーる”カフェへ
桜の花の咲く頃に また遊びに行こう*


>丸アネ
音楽にもバリアって本当に無いよね、みんなで
感動できる*私は小学生の時にスティービー・ワンダー
の歌を聞いて そのピアノが、まさか目の見えない人の
演奏だなんて信じられなくて感動して 音楽の先生の前
で号泣するとゆー ワケわからん女子でした・・・。


>kumikoさま
あの空間にいることができて嬉しかったです。
ありがとうございます。公演後の感想用紙に私は
「素晴らしすぎて言葉にできない」とだけ書いて
出しました。サイゴには私も、みなさんと
ポッキーできて本当に楽しかったです。
右・左・右・オッケー!!ですね***
まりりん
2007.03.15 Thu 05:39
素敵な空間、私も行ってみたかったよ。

人間の幸せには、身体の状態は関係がないんだって
ママを見てて初めて知りました。
ご老人もおんなじ。
身体よりも心のあり方で幸せ度が決まるみたい。
心を美しく保つことって、とっても難しいけどね。
がんばりましょーう!


chie
2007.03.16 Fri 23:48
まりりんちゃん、てっきり寿退職されたのかと
思ってたよー S病院にまだ勤務中なのですね?!
心を美しく保つ・・・ 泥の中で綺麗に咲く
蓮の花のように*
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://chie2006.jugem.jp/trackback/155
トラックバック

Category

Archives

Links

Profile

Other